印刷 | 通常画面に戻る |

東突厥

583年、突厥が分裂した後、モンゴル高原を支配。唐の建国を支援したが、後に対立し、630年に服属。682年に再興され、8世紀初めに突厥文字をつくるなど栄えたが、744年にウイグルに滅ぼされた。

 突厥に圧迫されて583年に分裂した後、ウチュケン山とオルホン川流域に拠ってモンゴル草原を支配したのが東突厥。一方の西突厥は西方のトルキスタンに移動した。東突厥は一時強大となり、の建国期にはそれを援助したが、後に唐の太宗の征討を受けていったん滅亡した(630年)。ここまでを突厥第一王朝という。唐の突厥攻撃を援助した同じトルコ系の鉄勒部族は、太宗に北方民族の支配者を意味する天可汗の称号を贈った。その後、唐は内モンゴルに単于都護府を置いて、羈縻政策のもとで東突厥などの北方遊牧民を統治した。

東突厥の再興(第二帝国)

 唐が内モンゴルにおいた単于都護府の支配下にあった東突厥は、682年クトゥルグが唐に対する反乱を成功させて独立し、突厥帝国を再興した。これを突厥第二帝国とも言う。則天武后の時に唐と和議を結び、その後、玄宗のころ、ビルゲ可汗(在位716~734年)の時、東の契丹や、党項などと戦って有力となった。このとき、ビルゲ可汗などの功績を称えた石碑を建立、それが突厥文字の彫られたオルホン碑文で、北アジア民族が自分の文字で残した最古の記録である。しかし再び内紛が激しくなってカルルク(後にカラ=ハン朝を建国)やウイグルなどの他のトルコ系遊牧民が台頭し、744年にウイグルのクトルクボイラが自立して可汗を称し、突厥第二帝国は瓦解した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第3章2節 ウ.唐と隣接諸国