印刷 | 通常画面に戻る |

三武一宗の法難

中国仏教史上の北魏から唐、五代に及ぶ4度の仏教弾圧を言う。

 次の四回の法難(廃仏)(仏教弾圧事件)をまとめて「三武一宗の法難」という。446年の北魏の太武帝による弾圧、574年と575年の北周の武帝による弾圧、845年の唐の武宗による弾圧、955年の後周の世宗の弾圧。三人の「武」の付く皇帝と、一人の「宗」の付く皇帝の時に起こったので、総称して「三武一宗」という。

北魏・太武帝の仏教弾圧

 北魏鮮卑の拓跋氏が立てた王朝であり、太武帝の時に華北を統一したものの、漢民族を統治するための精神的な柱が求められることとなった。すでに仏教は、五胡十六国の時代に、西域僧仏図澄、インド僧鳩摩羅什が活動し、華北に広まってきたいた。五胡と称される北方民族にとって、仏教は受け入れやすかったものと思われる。この時代に漢人のなかにも道安慧遠など優れた僧侶が現れ、中国仏教が成立し始めていた。
道教の保護 それに対して、道教神仙思想と結びついて漢人の一般民衆の中に深く浸透していた。道教の指導者寇謙之は、太武帝に仕え、北魏の宮廷の中に道教の影響が強まり、太武帝はその意見に従って、道教による思想統一をはかるため、仏教の弾圧に乗り出した。崔浩などの太武帝の宮廷の官僚となっていた漢人貴族は、儒教の立場から、仏教弾圧に賛成した。こうして446年、中国での最初の廃仏が行われた。この仏教弾圧は仏教側からは「法難」といわれ、中国仏教にとって最初の試練であった。この時、首都平城の仏教寺院の多くは焼かれてしまった。
 しかし、太武帝の死後、次の第4代文成帝は、仏教弾圧を止め、むしろ仏教保護に転じ、首都平城の郊外雲崗に巨大な岩窟寺院の建設を開始した。

唐・武宗の会昌の廃仏

 唐の武宗の廃仏(会昌の廃仏)も、道教を信仰した皇帝が仏教を嫌ったもので、その経緯は、おりから長安を訪れていた日本の円仁の『入唐求法巡礼行記』に詳しく書かれている。廃仏には、王朝が過度に仏教を保護し、造寺などで出費が増えてしまったことに対する反動である面も強い。
印 刷
印刷画面へ
書籍案内
円仁/深谷憲一訳
『入唐求法巡礼行記』
1990 中公文庫