印刷 | 通常画面に戻る |

三武一宗の法難

中国仏教史上の北魏から唐、五代に及ぶ4度の仏教弾圧を言う。

次の四回の法難(廃仏)(仏教弾圧事件)をまとめて「三武一宗の法難」という。446年の北魏の太武帝による弾圧、574年と575年の北周の武帝による弾圧、845年の唐の武宗による弾圧、955年の後周の世宗の弾圧。
北魏の太武帝の廃仏は、道教を華北統一のよりどころとして国教化し、北方系民族に信者の多かった仏教を排除しようとしたものである。唐の武宗の廃仏(会昌の廃仏)も、道教を信仰した皇帝が仏教を嫌ったもので、おりから長安を訪れていた日本の円仁の『入唐求法巡礼行記』に詳しく書かれている。廃仏には、王朝が過度に仏教を保護し、造寺などで出費が増えてしまったことに対する反動である面も強い。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
3章2節 エ.魏晋南北朝の文化
書籍案内
円仁『入唐求法巡礼行記』中公文庫