印刷 | 通常画面に戻る |

王建

朝鮮の高麗を建国した人物。太祖(在位918~943年)。936年に朝鮮を統一した。

 新羅の末期に、反乱軍の首領弓裔(きゅうえい)の部下として頭角を現した。弓裔が地方政権を樹立するとその首相格となった。弓裔が暴君化して支持をなくすとそれを追い、周囲から推されて918年に王位に就き、高麗を建国、開城を都とした。935年には新羅を滅ぼし、936年には百済の残存勢力を平定して朝鮮半島を統一した。仏教を保護し、西京(現在のピョンヤン)を開いて北西部にも進出し、高麗の繁栄の基礎を築いた。在位943年まで。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ア.東アジアの勢力交代