印刷 | 通常画面に戻る |

士大夫

宋代の政治、社会、文化を支えた新興地主階級。特に朱子学や文人画などの文化を支えた面が重視される。

士大夫
書画や楽器に囲まれ、豊かな生活を送っている士大夫。
 したいふ。宋代の支配者階級を形成した階層。その性格は、次の三つの面を併せ持っているとされている。

士大夫の三つの面

  1. 政治的には科挙に合格して上級官僚となったもの。
  2. 経済的には新興地主形勢戸)であることが多い。
  3. 文化的には儒教的教養を身につけた「読書人」。
 なお、宋代の士大夫は、明清では郷紳と言われるようになる。

宋学(朱子学)の担い手

 士大夫が、宋学(朱子学)の担い手になったことについて次のような説明がある。
(引用)宋学の主体は誰であるか。それは「士大夫」にほかならない。宋学とは、士大夫の学なのであり、士大夫の思想なのである。士大夫とは何か。唐代、科挙制度の確立とともにおこり、宋代にいたって確乎不動の勢力となったところの独特の支配階級である。経済的には地主であることを例としたが、しかし、それは必ずも必須の条件ではない。士大夫の特徴は、なによりもまず、知識階級である点に、いいかえれば、儒教経典の教養の保持者たる点に、すなわち「読書人」たる点に求められる。いま少し周到にいえば、その儒教的教養(それは同時に道徳能力をも意味する)のゆえに、その十全なあり方としては科挙を通過して為政者(官僚)となるべき者と期待されるように、そのような人々の階級である。<島田虔次『朱子学と陽明学』岩波新書1967 p.14>
 また、宋代の美術の主流となった文人画を支えたのも、士大夫であった。右図では、風雅な読書人、文人としての士大夫の生活の理想が描かれている。 → 宋代の文化
 次の征服王朝であるの時代になると、科挙が停止されたこともあったため、士大夫層は没落した。かわって代に農業生産力の向上に伴って成長した地主層が科挙の合格者としての地位もしめるようになり、彼らは郷紳といわれるようになる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 オ.宋代の文化
書籍案内

島田虔次
『朱子学と陽明学』
岩波新書