印刷 | 通常画面に戻る |

力ーバ神殿

イスラーム教徒の崇拝の対象となるメッカの神殿。

 アラブ人の各部族はそれぞれ崇拝する神々を持っていたが、その御神体は石とか樹とかであり、各地のそれを納める聖所があった。メッカのカーバ神殿もその一つで、聖なる黒石が四角で囲まれ、その周りに偶像が多数建てられていた。カーバとは立方体を意味するアラビア語。
 イスラーム教を創始したムハンマドは、630年にメッカに無血入城し、カーバ神殿の周辺の偶像を破壊、唯一この黒石の塗り込められた壁だけを残し、イスラームの聖所とした。現在は東側の角の壁にはめこまれている。メッカに巡礼するムスリムたちの最終目的地である。
 メッカに巡礼に訪れた信者は、横行でも貧者でも同じ縫い目のない白布に身を包み、カーバ神殿の廻りを反時計回りで7回まわり、最後に黒石に接吻する。 なお、現在もメッカとメディナはイスラーム教徒でなければ入れないので、信仰の無いものはカーバ神殿も黒石の実物も見ることはできない。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
4章1節 ア.イスラーム教の誕生