印刷 | 通常画面に戻る |

コーラン

ムハンマドの口から語られた神(アッラー)の啓示をまとめた、イスラーム教の経典。正しくはアル=クルアーン。信仰の指針でありイスラーム社会の規範の根源となる。

 イスラーム教の経典である『コーラン』は、原音に忠実に表記すれば、アル=クルアーンであるが、日本ではコーランとして定着している。アラビア語で書かれたイスラーム教の根本教典で、預言者ムハンマドが語った啓示(神の言葉)を、彼の死後にまとめられたもの。礼拝や様々な集会で節を付けて美しく朗誦されるもので、クルアーンも「音読される」の意味である。またコーランは神の言葉そのものであるので、アラビア語からほかの言葉に移すこと(翻訳すること)は出来ない、とされている。今でも世界中のイスラーム教の聖職者はアラビア語のコーランを理解し、朗誦している。

コーランの編纂

 コーランはムハンマドが直接書きしるしたものではなく、ムハンマドの死後、順っていた人々がムハンマドの口から語られた神の啓示を暗誦していたものを、644年、第3代のカリフとなったウスマーンによって書物にまとめられたものである。仏教の仏典やキリスト教の聖書もシャカやイエスの死後にまとめられたものであるが、仏典はシャカの死後数百年たってから、新約聖書はイエスが亡くなってから約400年後に現在の形にまとめられたものであるのに対し、コーランはムハンマドの教えを直接聞いた人々の手によって文字化されたので、世界の宗教の聖典の中ではよく教祖の肉声を保存している経典であると言うことができる。<中田考『イスラーム 生と死と聖戦』2015 集英社新書 p.40>
 クルアーンはムハンマドの口からあたえられた啓示であるとされるが、啓示が示された順に並べられているのではなく、断片的な文章が前後の関連なく出てくるので、その読解、解釈には法学者、神学者の間でも異なることがある。コーランだけでも大部な書物となるが、さらにその欠を補うために、生前のムハンマドの言行を、詳細にあつめたのがハディースである。

イスラーム法の根源

 またコーランは、イスラーム教徒(ムスリム)にとって信仰の拠り所であると同時に生活の規範でもあり、またイスラーム社会の根源ともされた。そこでコーランは、後にまとめられたムハンマドの言行の詳細な伝承を集めたハディースとともにイスラーム法(シャリーア)の基準となり、裁判もそれにもとづいて行われている。またコーランとハディースの解釈にあたる学者がウラマーであり、現在に至るまでイスラーム社会の指導者として重きを為している。
印 刷
印刷画面へ
書籍案内

井筒俊彦訳
『コーラン』
上中下 岩波文庫

中田考
『イスラーム 生と死と聖戦』
2015 集英社新書