印刷 | 通常画面に戻る |

アブー=バクル

イスラーム教団の初代カリフ。ムハンマドの義父に当たる。

 イスラーム教を創始したムハンマドの友人で古い同志。クライシュ族のタイム家出身。またムハンマドの妻の一人アーイシャの父であるのでムハンマドの義父にあたる。632年、ムハンマドが死んだ日に信者の集会で初代のカリフに選ばれ(在位632~634)、正統カリフ時代がはじまった。すでに60歳を超えていたが、離反したアラビアの部族を討ち、統一を維持し、さらにイラク、シリアにジハード(聖戦)の軍隊を派遣し、肥沃な土地を獲得した。生前に第2代カリフとしてウマルを指名し、634年にメディナで死去した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 イ.イスラーム世界の成立