印刷 | 通常画面に戻る |

クライシュ族

ムハンマドの出身一族。メッカの大商人。

 メッカの東方で遊牧生活を営んでいたクライシュ族は、5世紀の末頃メッカを征服し、カーバ神殿の守護権を手にした。その後、メッカに定住して商業活動を営むようになり、ウマイヤ家やハーシム家など、有力な12の氏族に別れた。ムハンマドはその中のハーシム家の出身であった。ハーシム家と対抗していたウマイヤ家は、当初はムハンマドと敵対したが、後に信者となり、ウスマーンは第3代のカリフ(在位644~656)となった。またハーシム家の第4代カリフアリーと争ったウマイヤ家のムアーウィヤは以後はカリフの地位を継承することとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
4章1節 ア.イスラーム教の誕生