印刷 | 通常画面に戻る |

ジハード/聖戦

イスラーム教徒の異教徒との戦い。聖戦。

ジハードは、イスラーム教およびイスラーム教徒(ムスリム)を迫害する不信心者(異教徒)との戦いをことで、ムハンマド時代のメッカとの戦いから続いている。特に正統カリフ時代には、シリア・パレスチナのユダヤ教徒やキリスト教徒、ササン朝ペルシアのゾロアスター教徒などとの戦いがあった。異教徒との戦いはムスリムの義務の一つであるが、その戦いで戦死した者は天国に行くことが出来ると信じられていて、最近のアラブ側の自爆テロまでその精神は継承されている。
正統カリフ時代(特に第2代ウマルの時)の主な聖戦は次のようなものがある。
 633~636年 シリアパレスチナ遠征 635年にダマスクスを征服。
 636年 ヤルムークの戦い イスラーム軍、ビザンツ帝国(皇帝ヘラクレイオス1世)軍を破る。 → ビザンツ帝国シリアから撤退。
 637年 カーディシーヤの戦い ササン朝ペルシア軍を破る(将軍サード=ブン=アビー=ワッカース) → イラクに進出。
       → 同年中にクテシフォンを制圧。
 639~641年 エジプト征服(将軍アムル=ブン=アルアース) アレクサンドリアを占領。
 642年 ニハーヴァンドの戦い ササン朝ペルシア軍を破る → 651年 ササン朝ペルシア滅亡。

Episode 「コーランか剣か」の誤解

 一般にアラブの遠征軍は、「コーランか剣か」の二者択一をせまり、改宗しなければ皆殺しにする、というようなイメージがつくらている。しかし、アラブの征服には、(1)イスラームに改宗するか、(2)人頭税を支払って従来通りの信仰を保持するか、(3)これらを拒否してあくまで戦うか、の三通りがあったのであり、けっして「コーランか剣か」の二者択一ではなかった。アラブの圧倒的強さを見たキリスト教徒が、「野蛮な宗教」という恐怖心から誤解し、それが明治以降の日本に輸入されたのである。<佐藤次高『イスラーム世界の興隆』世界の歴史8 中央公論社 p.80>
なお、「右手に剣を、左手にコーランを」というようなことも言われたが、これも左手を不浄な手としているイスラームが左手でコーランを掲げることはないので、まったくの誤解である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第5章1節 イ.イスラーム世界の成立