印刷 | 通常画面に戻る |

トイトブルクの戦い

9年、アウグストゥスのローマ帝国軍がゲルマン人に敗れた戦い。

紀元後9年、ローマ帝国の軍がゲルマン人に敗れた戦い。皇帝アウグストゥスは将軍ウァールスに3軍団を率いさせて派遣したが、アルミニウスという首長に率いられたゲルマン部族連合軍に、トイトブルクの森で敗れてしまった。トイトブルクはドイツの北西部。この敗北によってローマのゲルマニアへの進出は阻止された。

Episode 「ウァールスよ、余の軍団を返せ」

 トイトブルクの戦いで大敗した知らせを聞いたアウグストゥスは、数ヶ月間髭も剃らず髪も伸ばし放題で、時々扉に頭をぶつけて「ウァールスよ、余の軍団を返せ!」と嘆いたという。この戦いのあった場所は長く不明であったが、1987年、イギリスのアマチュア考古学者が金属探知器でローマ時代のコインの団塊を発見し、89年から本格的な発掘が行われ、この時の戦場の位置がはっきりした。北西ドイツのオスナブリュック市の近郊のカルクリーゼという山村で、伝承の地トイトブルクの森からはすこし離れていた。現在はこの戦いは「ウァールスの戦い」というのが普通になっている。<坂井榮八郎『ドイツ史10講』岩波新書 による> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 イ.ゲルマン人の大移動
書籍案内

坂井榮八郎『ドイツ史10講』
2003 岩波新書