印刷 | 通常画面に戻る |

ヨーロッパ

ユーラシア西部、ウラル山脈の西側の大陸と周辺の島嶼を含み、人類文明の一つの発展した地域を形成している。

英語では Europe 。語源はギリシア神話のオイロペーで、ゼウスが略奪したティロス王の娘の名。やがてギリシアの中心部を指す地名に転じ、さらに現在のトルコをアジアというのに対して、その西側の広い地域を示すようになった。しかし、ギリシア・ローマ時代までの古代においては現在と同じような意味のヨーロッパは存在しなかったので注意を要する。古代ギリシア・ローマ時代は地中海に面した現在の南ヨーロッパが先進地域であり、それにたいして他のヨーロッパの広大な地域はケルト人ゲルマン人スラヴ人などの居住する、後進的な周縁部であった。

ヨーロッパの地域区分

 地理的な概念ではウラル以西がヨーロッパとされるが、歴史的にはゲルマン的な西北ヨーロッパと、ラテン的な南ヨーロッパ、スラヴ的な東ヨーロッパに分けられる。また第2次大戦後の東西冷戦の地域分けに準じて、西ヨーロッパ(西欧)と東ヨーロッパ(東欧)に分ける場合もある。また、最近では「中欧」というほぼ旧オーストリア帝国の支配領域を指す地域区分も行われている。

ヨーロッパ概念の形成

 ヨーロッパが一つのまとまった概念となるのは中世以降であり、その「中心」は西ヨーロッパにあった。中世においては東ヨーロッパや南ヨーロッパは「周縁」に位置していたと言える。そのような西ヨーロッパを中心としたヨーロッパ概念が出来上がるのは、キリスト教世界という文化的な統一、ゲルマン人のフランク王国の成立という政治的統一によってであった。その象徴的な出来事が800年のフランク王国のカールの戴冠であった。

中世のヨーロッパ

 中世ヨーロッパはフランク王国の分裂以後、いくつかの国家に分かれたが、いずれも封建諸侯が割拠し、政治的には分裂の時代が続いた。この時期に、文化的にもイギリス・フランス・ドイツなどの言語が確立し独自の文化を形成させた。しかし宗教的にはローマ=カトリック教会を軸としたキリスト教世界という一体性を強く維持し、東方のギリシア正教会やイスラーム教世界との違いを明確にしていた。しかし中世ヨーロッパは経済は停滞し、文化的にはイスラーム圏や東洋諸国に及ばない状態であった。

西欧文明の隆盛

 中世末期に始まる生産力の向上は主権国家の形成を促し、絶対王制国家は互いに抗争しながらヨーロッパ世界を他の世界から隔絶した文明社会へと成長させた。そしてルネサンス、宗教改革、大航海時代をへて近代社会が動き出し、18世紀の産業革命、資本主義社会の形成という変動がヨーロッパから起こった。現在の我々が持っているヨーロッパ文明=西欧文明の優越というイメージはこの時期に形成された。

二度の大戦とヨーロッパ統合

 しかし、このようなヨーロッパ文明と近代国家は、20世紀に入り2度の世界戦争を引き起こした。第1次世界大戦は主としてヨーロッパ大陸での戦争であったし、第2次世界大戦は全世界に広がったが、要因の一つはヨーロッパにあった。そして、大戦後の米ソ二大国の対立という軸に対して、ヨーロッパ統合の機運が具体化され、現在のヨーロッパ連合の成立に至った。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 ア.ヨーロッパの風土と人びと