印刷 | 通常画面に戻る |

ルッジェーロ2世

1130年、南イタリアに両シチリア王国を建設したノルマン人の王。

 南イタリア・シチリア島のノルマン王国(後の両シチリア王国)を建国したノルマン人の王。父の代に南イタリアに進出したノルマンディ出身のノルマン騎士で、父ルッジェーロ(1世)がシチリアをイスラーム勢力から奪ってシチリア伯となった後、ルッジェーロ2世として南イタリアとシチリア島の両方を制圧し、ローマ教皇から王位を認められた。1130年のクリスマスにパレルモ(北シチリアの都市)で戴冠式を挙行した。
 彼は、ビザンツ帝国、神聖ローマ帝国、ローマ教皇、ヴェネツィア、イスラーム勢力など南イタリア・シチリアをねらう勢力を実力で撃退しながら巧みに操り、覇権を確立した。第2回十字軍に参加して北アフリカ進出の足場を築き、トリポリやチュニスにも進出した。ノルマンディを故郷とするノルマン人の騎士であるが、彼の統治下の南イタリア・シチリア島にはギリシア、ローマ、イスラームの各民族が混在し、文化も重層的に重なり合っていた。彼はノルマンディー式の集権的封建体制で統治したが、宗教や風俗に対しては寛容政策をとった。パレルモに残るサン=ジョバンニ=デリ=エレミィティ寺院附属の僧院は彼の時に建造された。<井上幸治編『南欧史』1957 世界各国史旧版 山川出版社 p.74 などによる>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 キ.外敵の侵入と西ヨーロッパの混乱