印刷 | 通常画面に戻る |

ノルマンディー/ノルマンディー公国

ノルマン人がフランスの北西部に移住し定着した地域。カペー朝より公国と認められた。ノルマン人はさらに1066年、イングランドを征服し、1130年にはシチリア島に進出した。

 911年、ロロに率いられたノルマン人の一派は、フランス(西フランク)に侵攻、フランス王シャルル3世は、キリスト教への改宗などを条件に、彼らにセーヌ川下流域の定住を認めなければならなかった。その地はその後、ノルマンディーと言われ、ロロの子孫はノルマン貴族としてフランス王(後にカペー朝のフランス)の家臣となって「ノルマンディー公」と称した(ノルマンディーの領主は「伯(コント)」であったが、11世紀には一段上の「公(デューク)」を自称するようになり、1204年に正式に公に叙せられた)。

Episode ヴァイキングの気質

 ロロが公国を建設した半島とその近隣の島々(現在はイギリス領チャネル諸島)はノルマンディー地方といわれるようになった。
(引用)この地方に移住したデーン人その他は、北ヨーロッパ人の剛毅な精神を、フランスの文化の中に吹き込み、ノルマン人という特殊な気質を産んだ。かれらは、フランス化した北ヨーロッパ人である。フランス語を学び、キリスト教に改宗し、フランス法を採用し、石造建築を始めた。もう一つ、注目すべきことは、騎馬戦の技術を習得したことである。これは1066年の「ノルマン人のイングランド征服」が行われた際、勝利の大きい原因となった。要するに、ノルマン人は、ヴァイキングとして、決して骨抜きになったわけではない。逆に、フランスの文化から、その最も優れた要素を取り入れたのである。<荒正人『ヴァイキング』1968 中公新書 p.75>

ノルマン=コンクェスト

 1066年にはノルマンディ公ウィリアム(ギヨーム)がイングランドを征服(ノルマン=コンクェスト)し、ノルマンディーとイングランドを併せたノルマン朝イギリスが成立した。ノルマンディーのノルマン人は土地不足からその後も海外移住の道を選び、ロベルト=イル=グィスカルドとルッジェーロの兄弟らは、南イタリアに進出し、1130年には両シチリア王国(ノルマン朝)を建設する。

その後のノルマンディー

 征服王ウィリアムの死後、長子ロベールがノルマンディー公となったが、イギリス王ウィリアム2世と対立し、ヘンリ1世の時の1106年に再びイギリスに併合された。その後もフランス内のイギリス王(ノルマンディー公としてはフランス王の臣下にあたる)領として続いたが、フランス国土の統一をめざすカペー朝のフィリップ2世はこの地に侵入してイギリス王リチャード1世と戦った。さらにリチャードの死後のイギリス王ジョンの婚姻問題に干渉し、それと争って、この地を奪ってフランス領に編入した。1259年のルイ9世の時に正式にフランス領となり、その後百年戦争で一時イギリスが奪還するが、間もなくフランスが奪回し、その後は現在に至るまでフランス領となっている。なお、この地は第2次世界大戦でドイツ軍に占領されたフランスを奪回すべく、1944年6月、連合軍が刊行したノルマンディー上陸作戦があったところとしても世界史に登場する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
5章1節 キ.外敵の侵入と西ヨーロッパの混乱
書籍案内
ヴァイキング表紙
荒正人
『ヴァイキング―世界史を変えた海の戦士』
1968 中公新書