印刷 | 通常画面に戻る |

パレルモ

南イタリア、シチリア島の中心都市。9世紀にイスラーム教国の支配する都市として発展。1072年、ノルマン朝の都となり、諸文明が融合が進み、12世紀ルネサンスの一つの中心地となった。

 シチリア島北岸の都市。もとはフェニキア人の植民市で、前5世紀にはカルタゴのシチリア島支配の中心となった。次いで、ローマ、ゲルマン人、ビザンツの支配を受け、831年にはイスラーム勢力が進出してきた。

アラブ人によるパレルモ建設

 8世紀末、チュニジアアッバース朝から自立したアグラブ朝の勢力は、地中海の対岸のシチリア島に及ぶようになった。878年にはシチリア島はイスラーム勢力に征服され、パレルモはその支配の中心地とされるようになった。
(引用)パレルモの町が歴史の表舞台に飛び出すのは、9世紀にアラブ人が侵入してきてからだ。彼らはやがてシチリア全土を征服し、この島を農業・商業で栄える豊かなイスラム教国につくり変えた。その首都となったパレルモはスペインのコルドバに比肩される大都市に成長する。<高山博『中世シチリア王国』1999 講談社現代新書 p.43>

地中海貿易

 シチリア島にはアラブ人によって潅漑技術と同時に様々な農作物が移植された。特にはシチリアの特産となり、パレルモから盛んに東方に輸出された。その他、スカーフ、衣服、絨毯などが東方に輸出され、東方から亜麻、染料、胡椒、陶器などが輸入された。パレルモがイスラーム教徒がシチリアを支配していた11世紀に、地中海貿易の中継地となってイスラーム商人がスペイン、チュニジア、モロッコ、エジプトなどと交易を行った。<高山博『同上書』 p.155-156>

イスラーム文化

 現在のパレルモには、多くのイスラーム風(アラブ風)の建物がある。しかしこれらはアラブ人の時代のものではない。
(引用)南国の植物に囲まれたこれらの異国風な建物を見ていると不思議な感覚に襲われる。ここは、本当にヨーロッパなのだろうか。イタリアのどの都市とも違う。むしろ、イスラム文化圏に属する北アフリカのモロッコや、あるいはスペイン南部のグラナダやコルドバを思い浮かべてしまう。しかし、これらの遺跡は、実は、イスラム教徒たちがこの町を支配していた時代のものではない。アラブ人の後シチリアを征服したノルマン人の時代に築かれたものなのである。パレルモを歴史の中心に引っ張り出したアラブ人たちの遺跡はほとんど残っていないが、ノルマン期に作られた数々の建築物がイスラム文化の影響を色濃く漂わせているのである。<高山博『同上書』 p.13>

ノルマン人の侵入

 第2次民族大移動といわれるノルマン人の活動の一つとして1072年、ノルマンディ出身のルッジェーロ1世がシチリアに進出してイスラーム教徒から奪い、その子ルッジェーロ2世の時にノルマン朝が1130年に成立すると、その宮廷がパレルモにおかれた。このシチリア王国の成立が、両シチリア王国の起源とされることも多い。
パレルモのイスラーム教徒 ノルマン人の統治する12世紀のパレルモについて、次のような説明がある。
(引用)キリスト教徒たちはこの町を「パラールマ(パレルモ)」と呼び、イスラム教徒たちは単に「都(マディーナ)」と呼んでいたが、ここには多くのイスラム教徒が暮らしており、彼ら専用のモスクが町中にいくつもあった。イブン=シュバイルは、このパレルモの町並みをコルドバ風と呼んでいるが、コルドバと同様に新市街のまん中に「古い城砦」と呼ばれる旧市街がいくつも建てられており、そそり立つ望楼は優美さを競っていたという。<高山博『中世シチリア王国』1999 講談社現代新書 p.148>

イスラーム文明の西欧への橋渡し

 このようにパレルモには、古代ローマ・ゲルマン・ビザンツ・イスラーム・キリスト教の文化が混在する、独特な文化が形成された。特に、12世紀のパレルモはヨーロッパにとって最も先端的な文化の発信地であり、イスラーム文化と、それを媒介としたギリシア・ヘレニズム文化がヨーロッパに伝えられる上でのイベリア半島のトレドなどと並んで重要なルートであった。ここからヨーロッパにおける12世紀ルネサンスが生まれた。

支配者の交替

 シチリア王国の王位はノルマン朝が断絶したことから、1194年からドイツ系のシュタウフェン朝フリードリヒ2世がシチリア王国を統治するが、パレルモはその時期にも宮廷が置かれたため、ヨーロッパの最も先進的な都市として繁栄した。
 1282年には島を支配したフランス人に対して反撃したシチリアの晩祷事件が起きている。

ガリバルディによる占領

 近代でもシチリア島を支配したスペインやフランスの統治機関がこの地におかれたが、19世紀に中ごろのイタリア統一が進む中、1860年にはガリバルディの赤シャツ隊がシチリアを占領、パレルモを市街戦を制してブルボン軍を撃退して、シチリアを解放しイタリアの統一(リソルジメント)を決定づけた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
6章3節 コ.ドイツ・スイス・イタリア・北欧
書籍案内

高山博
『中世シチリア王国』
1999 講談社現代新書