印刷 | 通常画面に戻る |

グリーンランド

北米大陸の東北の南北に長い世界最大の島。ノルマン人が進出し、現在はデンマーク領。

 グリーンランドは北米大陸の北東に南北に横たわる面積約217万平方キロの、世界最大の島である。80%が氷に覆われているため、島全体が低くなっているという。人口は3万足らずが、南部の漁業中心の居住区に住む。現在はデンマークの主権のもとに、自治政府が統治している。先住民はカナダなどと同じイヌイットであったが、10世紀頃からノルウェーヴァイキングアイスランドを経て移住した。

樹木がないのに「緑の島」

 グリーンランドの発見者は「赤毛のエリク」である。彼の父は人を殺したのでノルウェーの西南部からアイスランドに移住してきたが、エリクもまた同じ理由でアイスランドを追放され、グリーンランドの東南海岸沿いに南下し、南端のフェアウェル岬を迂回して西海岸のエリク島でひと冬を過ごし、西南海岸のフィヨルドに入りその奥に上陸した。その地はグリーンランドで最も肥沃な土地であった。エリクはアイスランドに戻り、新しい土地を「緑の島」(アイスランド語でグリュンランド)という魅力的な名前で呼び、アイスランド(「氷の島」)の島民に移住を勧めた。グリーンランドこそアイスランドで、樹木などない。986年に25隻に男女が乗り組み、グリーンランドに向かったが、嵐に遭い、わずか14人が到着したにとどまった。この最初の入植地はプラッターリズ(急斜面という意味)と名づけられ、「東植民地」の中心地となった。後に西海岸の北極圏近くに「西植民地」が設けられた。<荒正人『ヴァイキング』1968 中公新書 p.21>

ヴァイキングの子孫の末路

 1000年頃、レイフ=エリクソン(アメリカ大陸に到達した人物)によってグリーンランドにキリスト教が伝えられ、教会堂が建てられ、聖職者もやってきた。その間、かなり多くのヴァイキングが移住し、特産の「せいうち」の牙を求めて海に乗り出した。セイウチの牙は、イスラーム勢力の進出によって地中海貿易が衰えたためアフリカの象牙がヨーロッパに入ってこなくなったための代用品として需用が高くなっていた。
 1262年以降、グリーンランドはノルウェーの支配を受けるようになった。それは特産のセイウチの牙を運ぶ船の保護のためノルウェーの大型帆船に提供してもらう必要があり、その統治を承認したからだった。ノルウェーはグリーンランドの産物を独占しようとしてアイスランドとの貿易を禁止した。しかし、ノルウェーの貿易はその重点がアフリカの象牙やロシアの毛皮などに移ると、グリーンランドは見捨てられることとなり、1410年からは大型帆船がやってこなくなってしまった。そのころから気候も悪化し初め、残されたヴァイキングの子孫たちは次第に数を減らしていった。やがてエスキモーが北部から南下してきて、たびたび争うようになり、少数のヴァイキングの子孫たちは敗れ去り、ほとんど絶滅してしまった。現在は教会の建物の跡などが彼らの存在を伝えているだけである。<荒正人『ヴァイキング』1968 中公新書 p.25-28>

デンマーク領となった経緯

 グリーンランドに入植したのはノルウェー人であったが、14世紀末にノルウェーがデンマークと同君王国(カルマル同盟)となってからは、デンマークが当時の強国であったのでその領土となった。16~18世紀はデンマークによる探検、入植、キリスト教(ルター派プロテスタント)の布教が行われた。ノルウェー独立(1905年)後はグリーンランドの帰属問題が起こったが、第一次世界大戦後、国際連盟の調停でデンマーク領と確定した(1933年)。第二次世界大戦後の冷戦下で、北極海を隔ててソ連と相対する位置にあるところから戦略上の重要度が増し、デンマークがNATOに加盟したため、1951年にアメリカとデンマークの間でグリーンラド防衛協定が成立し、アメリカ軍が基地を設置している。なお、1979年に自治政府が設置されたが、主権は依然としてデンマークが確保している。 → 現代のデンマーク
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章1節 キ.外敵の侵入と西ヨーロッパの混乱
書籍案内
ヴァイキング表紙
荒正人
『ヴァイキング―世界史を変えた海の戦士』
1968 中公新書