印刷 | 通常画面に戻る |

キリル文字

9世紀に生まれたスラヴ語を著すための文字。ロシア文字の原型。

キリル文字は、9世紀にスラヴ人のへのギリシア正教会の布教に活躍したギリシア人宣教師キュリロスが考案した文字。キュリロスは兄のメトディオスとともに文字をもたないスラヴ人への布教を進めるため、ギリシア文字をもとにしてスラヴ語をあらわす文字を考案した。これをキリル文字といい、現在のロシアで使われているロシア文字の原型となった。(最近の研究ではキュリロスの作ったのはグラゴール文字といい、キリル文字はそれを改良したもとされている。)ロシア人だけでなく、ブルガリアセルビアなどスラヴ系諸民族でも用いられている。

キュリロス、神の啓示で文字を造る

 ビザンツ皇帝からモラヴィア王国での布教を命じられたキュリロス(最初の名はコンスタンティノス)はただちにスラヴ人の言葉を書き表す文字を考案し、これを用いて『福音書選』などキリスト教関係の書物の翻訳にとりかかったという。スラヴ人の言葉をラテン文字でそのまま表記すると不都合が生じる。現在のチェコ語やスロヴァキア語はラテン文字を工夫して用いているが、キュリロスは新しい文字を造ることを選んだわけである。

グラゴール文字とキリル文字

(引用)いかに才能に恵まれているとはいえ、短期間で一つの言語の文字と表記法を考案するなどと言う仕事が本当にできたのかという疑問は残る。しかしここは“神の啓示によってたちまち文字をつくりあげた”という伝記の記述をあえて信用しておくことにしよう。それはともかく、ここで重要なのは、コンスタンティノス(キュリロス)の努力のおかげで史上初のスラヴ語の文章語が確立したことである。この言葉は通常“古代スラヴ語”あるいは“古代教会スラヴ語”と呼ばれ、これを用いてこの語11世紀頃までの間に生み出された文献外までも伝わっている。ところがここで使われている文字は実は二種類あって、一つはグラゴール文字、もう一つはキリル文字と呼ばれる。コンスタンティノスが考案したのがどちらなのか、長い間論争があったが、現在では、グラゴール文字の方であろうということでほぼ意見が一致している。この文字は、形が複雑すぎたせいか、後に使われなくなってしまった。一方キリル文字は、グラゴール文字よりも簡便な表記手段として少し後に考案されたものと思われ、現在のロシアやウクライナ、バルカン方面で用いられるアルファベットの原型になっている。<薩摩秀登『物語チェコの歴史』2006 中公新書 p.24-26>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章2節 ウ.スラヴ人と周辺諸民族の自立
書籍案内

薩摩秀登
『物語チェコの歴史』
2006 中公新書