印刷 | 通常画面に戻る |

イェルサレム王国

第1回十字軍がイェルサレムを占領して建てたキリスト教国。十字軍国家の中心であったが、1187年にはイェルサレムをサラディンに奪取された。その後1291年のアッコン陥落まで存続。

 第1回十字軍が1099年にイェルサレムを占領した時に建国された十字軍国家。ロレーヌ侯ゴドフロワを「聖墳墓の守護者」として成立したが、実態は世俗的な王国である。イェルサレムを中心に、エデッサ、アンティオキア、トリポリにそれぞれ諸侯を封じ、十字軍騎士たちに土地を与えて封建国家を建設し、一時はシリアに領土を広げた。
 次第にイスラーム側の反撃を受け、1187年にはヒッティーンの戦いに敗れ、アイユーブ朝のサラーフ=アッディーン(サラディン)によってイェルサレムを奪われてしまう。その後、拠点をアッコンに移す。その後、1291年にアッコンがイスラーム勢力のマムルーク朝によって陥落するまで存続する。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 ア.十字軍とその影響