印刷 | 通常画面に戻る |

大空位時代

13世紀に神聖ローマ皇帝位が空位となった時代。

1254~1273年の神聖ローマ帝国皇帝(ドイツ皇帝)が実質的に空位になっていた約20年間をいう。1254年シュタウフェン朝が断絶した後、オランダ伯ウィルヘルムが帝位に就いたが、その死(1256年)後、イギリス、フランスの介入によって非ドイツ人の皇帝が選ばれたが、実質的な支配は出来ず、その後も空位が続いた。1273年ハプスブルク家のルドルフ1世が選出され、大空位時代は終わるが、皇帝選出をめぐる混乱はなおも続き、1356年の金印勅書によってようやく確定する。同時に、各領邦の独立性も保障されたので、神聖ローマ帝国の分権的な体制はこれで固定された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 コ.ドイツ・スイス・イタリア・北欧