印刷 | 通常画面に戻る |

選挙王制

1572年以降、ヤゲウォ朝断絶後のポーランド王国の国王を選挙で選出する制度。

ポーランド王国(ポーランド=リトアニア連合王国を継承したもので、現在のポーランドよりも東のリトアニアやベラルーシ、ウクライナの一部を含む広大な領土をもっていた)では、1572年にヤゲウォ朝の王位継承者が無く断絶してから、領主階級(貴族)や小貴族などの支配層(シュラフタという)が構成する議会で国王を選挙するという選挙王制が行われることとなった。選挙は有力貴族の争い、外国の介入を招くことになり、ポーランド国家滅亡の一因となった。シュラフタによって構成される議会は一種の身分制議会であり、この議会で国王が選出される体制をシュラフタ民主制という場合もある。王はハプスブルク家と対抗する必要から、フランスのヴァロワ家やスェーデンの王家から出身者が選出された。選挙王制時代の17~18世紀は、大国であったポーランドが急速に衰退した時期であり、18世紀末にはポーランド分割による国家消滅を迎えることとなる。
注意 国王を選挙で選ぶというのは矛盾しているようで理解がむずかしく、誤解しやすい。ポーランドの選挙王制とは、
・選挙と言っても国民による選挙ではなく、貴族(シュラフタ)による選挙である。
・国王はポーランド人貴族からだけではなく、外国の王家出身者が選ばれている。
という点を抑えておこう。

Episode 国王に夜逃げされる

 1572年に国王選挙のために開かれた議会では、国内から有力な候補者が立たず、国外からハプスブルク家の大公エルンスト、フランスのヴァロワ家のアンリ(カトリーヌ=ド=メディシスの子)、モスクワ大公イヴァン4世スウェーデン国王ヨハン3世らの名が上がった。有力だったのは前二者であった。アンリ=ヴァロワ(アンジュー公)は前年のサンバルテルミの虐殺の当事者であったので、プロテスタント貴族の間に懸念はあったが、大半のシュラフタの反ハプスブルク家感情もあって、当選した。こうしてアンリはヘンリク=ヴァレジィ(ヘンリクはアンリのポーランド読み)として即位することになった。議会は新国王即位にあたり、国王は共和国の法と特権を尊重すること(その中には宗教的寛容も含まれる)、議会の二年ごとの開催、議会の同意なしの課税をしないことなどを定めた統治契約を認めさせた(ヘンリク諸条項という)。こうしてフランス出身の22歳の若い国王が即位したが、彼は自らに課せられた数々の拘束に不満を抱いていた。1574年2月にクラクフで戴冠式を挙げたが、わずか4ヶ月後に、兄シャルル9世の訃報に接して夜半密かにポーランドをさり、フランス王についた(これがユグノー戦争の時の三アンリの一人)。ポーランド側は夜逃げした国王の帰還を空しく待ったが、結局、新たな選挙の準備に入った。<井内敏夫他『ポーランド・ウクライナ・バルト史』1998 新版世界各国史20 p.129-130>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 キ.ポーランドの分割