印刷 | 通常画面に戻る |

シュタウフェン朝

シュタウフェン家が継承した、12~13世紀の神聖ローマ帝国の王朝。イタリア政策をとったためドイツ支配は弱体であった。

 シュタウフェン家はホーエンシュタウフェン家ともいい、ドイツの諸侯の一つシュワーベン家から分かれ、1138年にコンラート3世が神聖ローマ帝国の皇帝(同時にドイツ王)に選出されてから、ザリエリ朝に代わって6代にわたり皇帝を出した。有名なのが「赤髭王(バルバロッサ)」フリードリヒ1世とその孫で「最初の近代的人間」と言われるフリードリヒ2世
 歴代のシュタウフェン朝皇帝は皇帝権の回復に努め、叙任権闘争ではローマ教皇とはげしく対抗した。しかし、ドイツを治めながら代々「イタリア政策」に重点を置いたため、本国ドイツは諸侯の分立が続き、統一はとれなかった。
 フリードリヒ2世の父の代に婚姻によりシチリア島と合わせて支配するようになり、フリードリヒ2世は神聖ローマ皇帝ではあるがシチリアで活動した。そのためドイツの分裂はさらに進み、次のコンラート4世を最後に1154年から神聖ローマ帝国は「大空位時代」に入る。

シチリア島のシュタウフェン朝

 神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世は、イタリア全土の支配をめざし、息子ハインリヒをノルマン朝シチリア王国の王女と結婚させた。その間にシチリアのパレルモで生まれたのがフリードリヒ2世であり、彼が1194年シチリア王となり、シュタウフェン朝の支配が始まる。フリードリヒ2世(イタリア風の言い方ではフェデリーコ2世)はドイツ王、神聖ローマ皇帝でありながらほとんどシチリアを離れず、パレルモで政治を行い、その宮廷は当時ヨーロッパで最も進んだ文化を生み出した。また祖父の1世と同じく、ローマ教皇、ロンバルディア同盟と激しい対立をくり返し、イタリアでは教皇派(ゲルフ)と皇帝派(ギベリン)の二派に別れての争いが続いた。
 1266年、ローマ教皇はシュタウフェン家を南イタリアから排除するため、フランス王ルイ9世に働きかけ、ルイ9世は弟のアンジュー伯シャルル(シャルル=ダンジュー)を派遣した。シャルルはシュタウフェン家のマンフレディ(病死したコンラート4世の弟)を倒してシチリア王となり、1268年にはコンラート4世の遺児コンラディンも殺害して、シュタウフェン家は断絶した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第6章3節 コ.ドイツ・スイス・イタリア・北欧