印刷 | 通常画面に戻る |

李成桂/太祖

1392年、倭寇撃退に成功し、高麗に代わり朝鮮を建国した人物。20世紀初頭まで続く朝鮮王朝の初代。

 高麗の武将であったが和冦撃退に実績を上げて台頭し、1392年に高麗に代わって朝鮮王朝を建国し、その初代国王(太祖)となった人物。
 高麗は元に服属していたので、元が明に滅ぼされそうになると、高麗内部でも親元派と親明派の対立が生じた。また海岸部は倭寇の侵略を受け、高麗政府にはそれを鎮圧する力がなく、人民の中に不満が高まっていた。李成桂は有力な武将であり倭寇の侵入を撃退したことで人望を集め、1388年年にクーデターを起こして権力を握り、ただちに土地改革に取り組み、高麗の貴族の私有地を没収、権力を集中した上で、1392年王位につき(太祖)、都を漢城(漢陽)に定め、国号を朝鮮とした。

Episode 李成桂の「威化島の回軍」

 1388年、高麗の政権を握っていた親元派は、倭寇の鎮圧で人望のあった李成桂に命じて国境の明の拠点を攻撃させることとした。李成桂は反対したが、やむなく出征した。鴨緑江までくると夏の増水期のため濁流が渦巻いていた。ようやく中州の威化島(ウィファド)まで渡ったが、次々と兵士が流されていくのを見て、全軍に撤退命令を出し、急遽都(開京)にもどり、親元派政権を武力で倒し新しい王を立てた。これが李成桂の「威化島の回軍」である。<岡百合子『中・高校生のための朝鮮・韓国の歴史』平凡社ライブラリー p.124~129>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第7章1節 ア.14世紀の東アジア
書籍案内

岡百合子
『中・高校生のための朝鮮・韓国の歴史』
平凡社ライブラリー