印刷 | 通常画面に戻る |

倭寇

東アジアで活動した日本人を主体とした海賊。13~14世紀の前期倭寇、15世紀後半~16世紀の後期倭寇に分けられる。略奪行為だけではなく、東アジア海域の私貿易の側面も強かった。前期倭寇は朝鮮王朝の成立、後期倭寇は明の衰退と関係が深い。豊臣政権の統制によって姿を消した。

 倭寇は13~16世紀に東アジアの朝鮮、中国の海岸で活動した海賊で、主として九州沿岸の日本人であったので倭寇といわれる。広く倭寇と言うが、活動期は前期と後期に分けられ、またそれぞれ活動の主体も異なる。おおよそ13~14世紀が前期倭寇、15世紀には勘合貿易期で倭寇の活動は衰え、15世紀後半から16世紀に再び活発になって後期倭寇となる。また、倭寇は海賊行為だけではなく、明の海禁政策の中で貿易の利益をあげようという、中国商人と日本商人の私貿易、密貿易の側面もあった。

前期倭寇

 13~14世紀の倭寇は、日本の鎌倉幕府の衰退、南北朝時代の混乱期に出現したもので、壱岐・対馬・松浦地方の三島の土豪や商人、漁民に高麗の海賊が加わって武装し、主として高麗の沿岸を荒らし回った。そのため高麗の衰退を早めることとなった。朝鮮の高麗と中国の朝はいずれもその取り締まりに手を焼き、明の太祖は海禁政策をとった。
前期倭寇の衰退 1392年、南北朝の統一が成り、また高麗に代わり李成桂の朝鮮王朝が成立したこと、さらに1404年に室町幕府の将軍足利義満による勘合貿易が開始されたので前期倭寇の活動は収まった。
倭寇は何人か 中国では海岸部を荒らした海賊を倭人の賊と捉えて「倭寇」と言われていたが、倭寇は何人であるか、という問は意味がない。現在と同じ意味で日本人とか中国人、朝鮮人という区別は当時はなかったからである。より正確には、西日本を中心とした海域を根拠にして、東アジアの海域で活動した海賊および私貿易集団ということができる。



後期倭寇

勘合貿易 15世紀はじめの日明勘合貿易の成立で倭寇は一時収まったが、1523年、寧波での細川氏と大内氏の衝突事件(寧波の乱)以後に衰え、明も海禁政策を強めたので、日本の貿易商は沿岸で略奪に走り、さらに倭寇の活動が活発になった。
後期倭寇の活動 15世紀後半になると、勘合貿易が衰退し、再び倭寇の活動が活発になってきた。この15世紀後半から16世紀の倭寇を後期倭寇と言っている。後期倭寇の特徴は、日本人だけではなく、福建や広東の沿岸の中国人が多く含まれていたことで、かれらも当時展開されていた国際商業のうねりの中で、明の海禁策に反発し、海外での活動を模索する面があった。後期倭寇は15世紀後半~16世紀に活動した、中国人・日本人などからなる私貿易集団であったと言える。
北虜南倭 明朝にとって、この倭寇の脅威は大きかったので、「北虜南倭」の「南倭」といわれるた。明朝政府は倭寇の取り締まりに全力をあげ、1556年から翌年にかけて王直という倭寇の首魁を捕らえてようやく鎮圧することができた。
倭寇の衰退 翌年の1557年にはマカオでポルトガル商人の貿易が始まり、倭寇はポルトガル商人(南蛮商人)とも競争することとなった。1567年には明朝政府は海禁策をやめ、貿易再開と中国人の海外渡航を認めた。またスペインは1571年にマニラ市を建設して、中国との貿易、さらに太平洋をまたいだガレオン貿易を展開するようになった。このようなポルトガル・スペインとの競合は、倭寇の活動の場を狭くすることとなった。
豊臣秀吉の海賊停止令 日本でも戦国時代の争乱が次第におさまり、織豊政権による統一が進むと豊臣秀吉は1588年、刀狩令と同じ日に海賊停止令(海賊取締令とも言う)を出し、倭寇の取り締まりを西国大名に命じた。そのねらいは、刀狩令が農村での農民掌握と同じように、漁村での海民の調査と掌握であり、同時に海賊行為を禁止することで秀吉による「海の平和」を実現することで、「海の刀狩り」といえるものであった。これによって瀬戸内海の海賊だけでなく、九州沿岸を根拠とした倭寇の活動も取り締まりの対象とされ、彼らは姿を消していった。秀吉は「海の平和」を実現することによって、明に勘合貿易の再開を迫るという外交構想の土台としていた。<藤木久志『刀狩り―武器を封印した民衆―』2005 岩波新書 p.118>
 豊臣秀吉は、倭寇のような私貿易を禁止して朱印船貿易による貿易統制に乗りだし、さらに徳川家康もそれを継承したので、倭寇の活動は衰え、かわって長崎を拠点とした朱印船貿易家が活躍するようになる。17世紀の東アジア海域では、朱印船や明船、ポルトガル船が活発に交易を行い、それをオランダ船か王直や鄭芝竜鄭成功親子のような中国人海賊が襲撃するという状況となる。