印刷 | 通常画面に戻る |

ランナー王国

13~18世紀タイ北部チェンマイを中心としたタイ人の国家。 

13~18世紀、タイ北部からビルマ、ラオスにかけての一帯に存在したタイ人の国家。中心はチェンマイ。ランナー Lan Na というのはタイ語で「百万の田」の意味という。南のアユタヤ朝との交易で栄えていたが、16世紀半ばにビルマのコンバウン朝の支配を受ける。18世紀に復興したが、次第に南部のタイのラタナコーシン朝が有力となって、ランナー国はそれへの朝貢国になり、次第に衰えて吸収された。最近、チェンマイを中心に『チェンマイ年代記』などの資料の解読が進み、その存在が明らかになっている。 → タイの王朝交替
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第7章1節 エ.朝貢世界の動揺