印刷 | 通常画面に戻る |

燕行使

朝鮮王朝が宗主国の清に送った朝貢使節。

 朝鮮は、清のホンタイジの侵攻を受けて1637年に清を宗主国とする属国の立場となった。そのため、毎年朝貢のための使節を送ることとなったが、1644年に清が北京に入ってからは、その使節を燕行使といった。「燕」は北京の古名である燕京からきたもの。清朝から朝鮮に派遣される使節は勅使といった。使節の派遣に伴って貿易が行われるだけでなく、文化の受容、世界情報を得る機会ともなっていた。燕行使は1894年の日清戦争まで続いた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章2節 ウ.清朝と東アジア