印刷 | 通常画面に戻る |

阮氏

ベトナム中部のユエを拠点に独立政権を樹立し北部の鄭氏と抗争した有力一族。

1527年にベトナムで莫氏黎朝の帝位を奪うと、黎朝の廷臣であった阮淦(グエン=キム)は直ちに抵抗を開始、ラオスに逃れていた黎朝の帝室の血をひく人物を捜し出し、1532年に黎荘宗として即位させ、黎朝を復興した(後期黎朝)。しかし、彼は莫氏の隠謀によって毒殺され、黎朝は同じく廷臣であった鄭氏の鄭検(チン=キエム)を総司令官として莫氏との戦いを指揮することとなった。阮淦の子の阮潢(グエン=ホアン)は軍功で瑞郡公に任命されたが、それに不満な鄭検との間で対立が生じた。両者はともに黎朝の復活を主張しながら、権力闘争を展開することとなった。阮潢は不穏な空気を察して、中部ベトナムのユエに移り、北部に残った鄭氏を牽制するようになる。莫氏が倒され、黎朝が復興してからも、黎朝の皇帝を差し置いて鄭氏と阮氏の南北対立が続くこととなる(鄭阮200年戦争)。阮氏(広南阮氏ともいう)は、フエを拠点とした独自政権を作り上げ、広南国(クァンナム)とも言われるようになった。なお、1771年に広南国で西山党の乱を起こしたのも阮氏の三兄弟であるが、広南阮氏とは関係が無く、西山阮氏といって区別する(阮=グエンは、ベトナムで最もありふれた姓である)。 → ベトナム(4)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第8章2節 清代の中国と隣接諸地域