印刷 | 通常画面に戻る |

西山党の乱

1771年に、ベトナムの中部西山郡で起こった反乱。ベトナムを一時統一支配。

ベトナム(大越国)の黎朝は16世紀になると急速に衰え、一時部将の莫(マック)氏に権力を奪われた(1527年)。その後は、形の上では黎朝が復活したが、実権は北部の鄭氏(チン)と南部の阮氏(グエン)に移り、両者は200年にわたる抗争を展開(ベトナム中世の南北戦争)し、混乱と腐敗が続いた。特に阮氏の支配地域は広南国とも言われたが、悪政が続きいていた。

反乱の勃発

 広南阮氏の圧政に対して、1771年、中部ベトナムの西山(タイソン)郡に住む阮文岳、阮文恵、阮文侶の三兄弟(南部の阮氏とは関係ない)は周辺の農民を率いて反乱を起こし、1773年にはクィニヨンを占拠した。次第に勢力を強めた反乱軍は、1778年に長男が王を称し中部ベトナムに西山朝を起こした。これが西山党の乱であり、「タイソンの蜂起」とも言われる。かつては阮氏三兄弟は賊軍とされていたが、最近のベトナムでは救国の英雄として評価されている。西山党はその後、南部の阮氏政権(広南国)、北部の鄭氏政権(名目上の黎朝)を倒してベトナムを統一した。<『物語ヴェトナムの歴史』小倉貞男 中公新書などによる> → ベトナム(4)
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第8章2節 清代の中国と隣接諸地域