印刷 | 通常画面に戻る |

フエ/ユエ

中部ベトナムの都市。17世紀から阮氏の広南国、さらに阮朝の首都となる。

 フエ Hue はベトナム本来の表記。フランス統治時代に、フランス語読みで、ユエと表記された。ベトナム中部の都市で、ハノイホーチミン市(旧サイゴン)と並ぶ重要都市の一つ。1687年に阮氏政権(広南国)がその本拠地として建設した。1802年に阮福暎が建国した阮朝の都となった。1883、84年の2次にわたるユエ条約(フエ条約)はこの地で締結された。
 なお、フエはベトナム戦争でも戦場となり、破壊されたが、現在は復興が進み、阮朝時代の遺跡を中心に世界遺産に登録されている。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
7章4節 ウ.東南アジア交易の発展