印刷 | 通常画面に戻る |

アラウンパヤー

1752年、ビルマにコンバウン朝を建国した人物。

トゥングー朝滅亡後のビルマの混乱状態の中から、ビルマ人の「救世主」として現れたのがアラウンパヤーであった。彼は1752年に上ビルマ(イラワディ川上流)の村々を統合して挙兵し、下ビルマのモン人勢力を次々と撃破し、1757年にモン人の拠点ペグーを陥れ、ビルマの統一に成功した。このコンバウン朝はパガン朝、トゥングー朝に次ぐビルマ史上、三度目の統一国家であった。コンバウン朝は彼の名からアラウンパヤー朝とも言われる。

ヤンゴンの建設

 アラウンパヤーはペグー攻略の前の1754年、聖地ダゴンを占拠し、その地を、「戦争の終わり」を意味するヤンゴンと改称した。ヤンゴンは後にイギリス殖民地時代にその英語なまりでラングーンと言われるようになり、イギリスの拠点の一つとして繁栄した。1989年、正式にラングーンという英語表記をやめ、もとのヤンゴンに戻した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第8章2節 清代の中国と隣接諸地域