印刷 | 通常画面に戻る |

コンバウン朝

1752年、アラウンパヤーがビルマに建国した王朝。一時タイに進出。19世紀のイギリスの侵略を受け滅亡する。

ビルマ(現ミャンマー)ではトゥングー朝が滅亡してからもビルマ人パガン朝の対立が続き混乱していた。パガン朝、トゥングー朝に続きビルマを三度目に統一したのは、上ビルマ(イラワディ川上流)の首長アラウンパヤーであった。彼は周辺の村を統合して、1752年にコンバウン朝を創建、57年にモン人の拠るペグー(パゴー)を陥れ、統一に成功した。この間、聖地ダゴンを占拠した際、これをヤンゴン(ラングーン)と改称した。それは「戦争の終わり」を意味していた。

コンバウン朝の盛衰

 コンバウン朝は東のタイに侵攻し、1767年にアユタヤを焼き討ちして破壊しアユタヤ朝を滅ぼした。第6代のボードーパヤー王はさらに近隣への拡張を試み、ビルマ領を最大にした。19世紀にはインドへの侵攻を開始し、イギリスとのイギリス=ビルマ戦争が始まり、1852年には下ビルマをイギリスに割譲し、植民地化が始まった。 → ビルマ(3) 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第8章2節 清代の中国と隣接諸地域