印刷 | 通常画面に戻る |

グーテンベルク

15世紀のドイツ人で、活版印刷術を実用化した。

 15世紀のドイツ、マインツの出身。シュトラスブルクで活版印刷術を研究し、1440年ごろに完成させたという。後にマインツに戻って印刷業を開業。1455年頃、『グーテンベルク聖書』と言われる聖書を出版した。この活版印刷による聖書の普及が、宗教改革の広がりに大きく貢献した。1522年にはルタードイツ語訳新約聖書がヴィッテンベルクで出版され、急速に広がった。その他にも、宗教改革時代に、新旧両派が相手を誹謗するビラを印刷することによって、印刷術及び印刷業は大いに盛んになった。グーテンベルクの考案した活版印刷は、その後急速に発達し、近代の印刷術の基礎を作った。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
8章2節 ウ.科学と技術