印刷 | 通常画面に戻る |

アカデミー=フランセーズ/フランス学士院

1635年、フランス・ブルボン朝の宰相リシュリューによって設立され、現在も続く学術の最高機関。

 1635年、ブルボン朝のルイ13世のもとで宰相を務めていたリシュリューが設立した学術機関から始まった。当初の目的は、「国語」としてのフランス語の統一と洗練という文化政策にあり、パリの文化人サークルを公認して学術機関としたものであった。フランス語辞典の編纂1694年に終え、ルイ14世に献呈された。
 ルイ14世のもとでコルベールもアカデミー=フランセーズに財政支出を行った。こうしてアカデミーフランセーズは王室の管理下にあって、一流と認められた文学者が入会し、次第に文学以外の諸分野も学者も加えられて、学術の最高権威を持つ機関として存続することとなった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章3節 ウ.宮廷文化