印刷 | 通常画面に戻る |

コルベール

フランスのルイ14世に仕えた財務長官で重商主義政策を推進した。1664年、東インド会社を再建、インド・アメリカ大陸への進出を主導した。

 コルベール Colbert 1619~1683 はフランス・ブルボン王朝全盛期のルイ14世絶対王政を支えた財務長官(大蔵大臣)。ラシャ商人の息子にすぎなかったがマザランに仕えて頭角を現し、その死後、1662年前任者フーケが国費乱用と収賄の罪で失脚した後の財務長官となった。コルベールが展開した典型的な重商主義政策を推し進めたので、その経済政策をコルベール主義とも言う。その政策は重商主義でも貿易差額主義と言えるものであった。

Episode 「りす」と「へび」の決闘

 コルベールの前任の財務長官ニコラ=フーケもマザランの片腕として頭角を現した人物だった。彼は財政・法律・外交に長じ、弁舌家であり、学芸保護者であり、なによりも美女と壮麗な建物を好んだ。あるときフーケはその大邸宅にルイ14世を招いた。王のご機嫌を取ろうとしたのだが、ルイ14世はかえって屈辱と脅威を感じた。フーケの豪勢な暮らしは、国費乱用と収賄によって得たものだった。財務長官の補佐官に任命されたコルベールは密かにフーケの不正の証拠を集め、1661年9月、フーケは逮捕された。三年続いた裁判で、コルベールは証拠をねつ造するなどあらゆる手を使ってフーケを追い詰めた。宮廷ではフーケの紋章「りす」(それには「登れないところがあろうか」と銘句がついていた)とコルベールの紋章「へび」との決闘と評していた。1664年、フーケは終身禁固に処せられ、翌年コルベールは財務長官の地位についた。
 当時46歳のコルベールは、謹厳な顔つき、粗末な衣服、その冷たい性格から「北方人」とか「大理石の人」ともよばれた。早朝5時半には部屋に現れ、休息もとらず、快楽も求めず働くこの男はフランスにとって誠に得がたい富をもたらした。<大野真弓責任編集『世界の歴史8』1961初版 現在は中公文庫 p.230>

重商主義政策

 コルベールは輸出を奨励して国内産業を保護する、典型的な重商主義政策を推進し、ブルボン絶対王政の繁栄をもたらした。具体的には従来の毛織物・絹織物・絨毯・ゴブラン織などの産業に加えて、兵器・ガラス・レース・陶器などの産業を起こし、国立工場を設立し、特権的なマニュファクチュアを育成した。その一方では労働者の同盟とストライキは禁止された。
海外進出 インド、北アメリカ、中米、アフリカなどに植民地を獲得した。北アメリカにはミシシッピ川流域に広大なルイジアナ植民地を開発した(ミシシッピ川は一時コルベール川といわれた)。中米ではアンティーユ諸島にタバコ、綿、さとうきびの栽培を黒人奴隷によって行った。またインド経営のためにフランス東インド会社を再建した。
文化の保護 コルベールはアカデミー=フランセーズに対する財政援助を行い、文化の保護にも熱心だった。1666年には「王立科学アカデミー(フランス科学院)」を設立し、別に「王立芸術アカデミー(フランス芸術院)」も創設した。
コルベール主義の限界 コルベールの重商主義政策によって得られたフランスの富はヴェルサイユ宮殿の建造などに充てられ、ルイ14世の栄華をもたらした。が、またルイ14世の宮廷生活と対外戦争で浪費されていった。コルベールも晩年はルイ14世宮廷の濫費に苦言を呈したが、1683年のコルベールの死後、ルイ14世は歯止めを失い、更なる対外戦争であるファルツ戦争スペイン継承戦争へと進み、1685年にはナントの王令の廃止に踏み切ってフランス産業は停滞の時期を迎える。
 またコルベールの重商主義政策に対して、18世紀になるとその商工業重視と保護貿易主義を批判し、農業を国富の根幹とたうえで自由貿易を主張するケネーが『経済表』を著し、重農主義を展開するようになる。またイギリスは先行して自由貿易主義に転換し、重商主義の時代は終わることとなる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章1節 ア.重商主義
書籍案内

大野真弓責任編集
『世界の歴史8』
1961初版 現在は中公文庫