印刷 | 通常画面に戻る |

サロン

17世紀、ルイ13世時代に始まる社交場。貴族の女性に始まったが、ブルジョワにも広がり、18世紀には文化・芸術の発信地となった。

 サロンの始まりはルイ13世、宰相リシュリューの時代であった。先代のアンリ4世までは厳しい宗教戦争の時代であったこともあって、宮廷内は殺伐とし、暗殺や決闘が日常であった。ルイ13世の時代になると宰相リシュリューの巧みな統治もあって宮廷の貴族たちの中にも無骨な騎士風の振る舞いよりも礼節ある洗練された物腰が好まれるようになった。そのような時代背景の中で、ランブイエ侯爵夫人カトリーヌ=ド=ヴィヴォンヌは外交官の娘として経験したローマ教皇庁での洗練された社交場をフランスに持ち込み、サロンを開設した。それがフランスのサロンの始まりと言われている。サロンとは客間を意味する言葉であるが、そこで交わされる思想の交流、詩や散文などの発表と批評、といった知的交流を意味するようになった。ランブイエ邸のサロンは評判になり、1640年ごろまで続き、それ以外にも二ノン=ド=ランクロ、スキューデリ嬢、サブレ夫人、セヴィニエ夫人などのサロンが、貴族や上流ブルジョワの間に生まれ、17世紀末にはパリで少なくとも800のサロンがあったという。17世紀フランス文学を代表するラ=ファイエット夫人の『クレーヴの奥方』(1678)やラ=ロシュフコーの『箴言集』(1665)などはサロンを背景に生まれた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章3節 ウ.宮廷文化