印刷 | 通常画面に戻る |

サンスーシ宮殿

プロイセンのフリードリヒ2世がベルリン郊外ポツダムに建設した宮殿。ロココ建築の代表てきなものである。

 ベルリンの南西郊外のポツダムに、プロイセン王国フリードリヒ2世が造営した離宮の宮殿。1745~47年に造営され、ロココ美術の代表的な建造物である。なお、サンスーシ Sanssouci とは、フランス語で、「憂いの無い」ことの意味であるので、無憂宮とも言われる。なお、ポツダムでは第二次大戦末期、ポツダム会談が開催された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
9章3節 ウ.宮廷文化