印刷 | 通常画面に戻る |

サラトガの戦い

1777年、アメリカ独立戦争をアメリカ有利に転換させた戦闘。

 1777年10月、アメリカ独立戦争の形勢を逆転させた、アメリカ軍の勝利した戦い。海戦以来苦戦が続おておたワシントン指揮の独立軍であったが、ニューヨーク北方のサラトガで、司令官ホレイショ=ゲイツ将軍の率いる部隊が、南下中のイギリスのバーゴイン将軍指揮下のイギリス軍を破った。このサラトガの戦いはアメリカ独立戦争の一つの転機となった。それは、アメリカ軍がその訓練や給与は貧弱であっても、イギリス正規軍に十分対抗し得ることを立証し、またフランクリンの働きかけにもかかわらず躊躇していたフランスの参戦(1778年2月)を実現させた。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
10章2節 イ.アメリカ合衆国の独立