印刷 | 通常画面に戻る |

パリ条約(1783)

1783年、アメリカ独立戦争の講和条約でイギリスが合衆国の独立を承認した。

 1783年9月に成立した、アメリカ独立戦争でのイギリスとアメリカの講和条約。
 1.アメリカ合衆国の独立の承認とカナダ等を除く領土の確認
 2.イギリスはミシシッピ川以東のルイジアナをアメリカに割譲
 3.アメリカのニューファウンドランド周辺の漁業権、ミシシッピ川の航行権の承認
※イギリスとフランス・スペイン間はパリ条約と同じ日に、ヴェルサイユ平和条約として締結された。
 1.西インド諸島トバゴ・セネガルをフランスに割譲
 2.フロリダ・ミノルカ島をスペインに割譲
これらの条約によって、イギリスの重商主義的な「第一帝国」は終わりを告げた。イギリス第一帝国の成立の画期となった1763年のパリ条約はギリスとフランスのフレンチ=インディアン戦争での講和条約である。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
10章2節 イ.アメリカ合衆国の独立