印刷 | 通常画面に戻る |

人権宣言

1789年8月、フランス革命勃発直後にフランス国民議会が制定した、普遍的な人間の権利を国家が承認した重要文書。

人権宣言
1789年7月14日のバスティーユ牢獄襲撃、さらに全国に拡がった大恐怖といわれる農民蜂起を受けて、8月26日、フランス国民議会で制定された宣言。正確には「人間及び市民の権利の宣言」 Declaration des Droits de l'Homme et du Citoyen 前文と7条から成る。これはフランス革命の最初の記念すべき成果であった。起草にあたったのはラ=ファイエットらで、国民の自由と平等、圧制への抵抗権、国民主権、法の支配、権力分立、私有財産の不可侵などを規定している。 アメリカ独立宣言ルソーの啓蒙思想などの影響が認められる。

資料:フランス人権宣言抜粋

 前文「国民議会を構成するフランス人民の代表者たちは、人権についての無知、忘却あるいは軽視のみが、公衆の不幸および政府の腐敗の原因であることにかんがみ、人間のもつ譲渡不可能かつ神聖な自然権を荘重な宣言によって提示することを決意した。それは、この宣言が社会体の全構成員の心にいつも残ることによって、彼らがその権利および義務をたえず想起するようにするためであり、立法権の行為および執行権の行為がたえずあらゆる政治制度の目的と対比されることをつうじていっそう尊重されるためであり、今後、簡潔にしてかつ誰の目にも明かな原理に基礎をおく市民の要求が常に憲法の維持と万人の幸福とに向かうようにするためである。‥‥
1.人間は自由で権利において平等なものとして生まれ、かつ生きつづける。社会的区別は共同の利益にもとづいてのみ設けることができる。
2.あらゆる政治的結合の目的は、人間のもつ絶対に取り消し不可能な自然権を保全することにある。これらの権利とは、自由、所有権、安全、および圧政への抵抗である。
3.すべて主権の根源は、本質的に国民のうちに存する。いかなる団体も、またいかなる個人も、明示的にその根源から発してはいない権限を行使することはできない。
4.自由は、他人に害を与えないすべてのことをなしうることに存する。‥‥これらの限界は法によってのみ定めることができる。
5.法は、社会に有害な行動しか禁止すること権利を有さない。
6.法は一般意思の表現である。‥‥
7.いかなる者も、法が明確に定めた場合について、しかも法が規定した手続きによるのでなければ、告発も、逮捕も、拘留もされえない。‥
8.法は必要最低限の刑罰しか定めてはならない。‥‥
9.いかなる者も、有罪を宣告されるまでは無罪である‥‥
10.いかなる者も、その主義主張について、たとえそれが宗教的なものであっても、‥‥その表明を妨げられてはならない。
11.思想および主義主張の自由な伝達は、人間のもっとも貴重な権利の一つである。‥‥
12.‥‥公安力は、万人の利益のために設けられるのであって、それがゆだねられる人々の‥‥ために設けられるのではない。
13.‥‥租税は、すべての市民のあいだでその資力に応じて平等に分担されなければならない。
14.市民はすべて、‥‥公の租税の‥‥使途を注意深く見守り、その分担額、基礎、徴収および期間を定める権利を有する。
15.社会は、すべての官公吏にたいしてその行政についての報告を求める権利を有する。
16.いかなる社会であれ、権利の保障が確保されておらず、また権力の分立が定められていない社会には、憲法はない。
17.所有権は、神聖かつ不可侵の権利であり、したがって、合法的に確認された公的必要性からそれが明白に要求されるときであって、かつ予め正当な補償金が支払われるという条件でなければ、いかなる者もその権利を剥奪されえない。<資料『フランス革命』p.104>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第11章3節 イ.立憲君主政の成立