印刷 | 通常画面に戻る |

モールス

1837年に電信機の実験に成功、翌年モールス信号を考案した。1844年にはワシントン・ボルチモア間の電信実用化に成功した。

 モールス(Morse モースとも表記 1791-1872)は、アメリカで肖像画家として活動しており、ヨーロッパで美術研究を終えて帰国する船上で、ボストン大学教授ジャクソンから電磁石の説明を受け、電磁石を電信機に利用することと、符号化して電信とするアイデアを思いついたという。電気については素人のモールスは電気学者のヘンリーの協力を得て、1937年にモールスはリレー(継電気)という装置を使った電信機の実験に成功した。翌38年には、「・」と「-」を組み合わせた「モールス符号」を考案した。
 1842年、政府が3万ドルを負担してワシントンからボルティモアまで約60キロの電線が引かれて通信実験に成功し、44年に実用化された。その後、50年代にかけてヨーロッパ諸国に「電信」が普及していった。さらに、1851年にドーヴァー海峡に海底電信ケーブルが敷設され、さらに66年、大西洋を越えてイギリスとアメリカが海底ケーブルで結ばれ、世界は通信網でいったいしていった。ロンドン-東京間は1872(明治5)年に「電信」が交わされている。<宮崎正勝『モノの世界史』2002 原書房 p.288>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第12章4節 ウ.科学・技術と市民生活