印刷 | 通常画面に戻る |

スティーブンソン

産業革命期のイギリスの発明家。1830年代初頭に蒸気機関車を実用化し、鉄道事業を軌道に乗せた。

蒸気機関車ロケット号
スティーブンソンが1829年に設計した蒸気機関車ロケット号。
 産業革命は1760年代に急速に進展したが、物資の輸送は依然として馬車と運河が担っていた。19世紀に入り、より高速で大量に、つまり安価に原料や製品、そして人の輸送を可能にする交通手段の発明が求められるようになっていた。蒸気機関車はすでにトレヴィシックによって1804年に考案されていたが、それは実用化されていなかった。スティーヴンソンはその改良に取り組み、1814年にはじめて実用的な蒸気機関車を製作した。しかし、蒸気機関車が牽引する実際の客車を乗せ、貨物輸送が可能な鉄道が運行されたのは、1825年のストックトン-ダーリントン間が最初であった。世界最初の鉄道は、同じくスティヴンソンの造った蒸気機関車ロケット号による、1830年のマンチェスター・リヴァプール鉄道である。この工業都市と貿易港を結ぶ鉄道は、競合する馬車や運河に対抗すべく、組織的に運用された「鉄道会社」によって運用された。

ストックトン・ダーリントン間の鉄道運転

 1825年、スティーブンソンが実用化した蒸気機関車によって牽引された客車と貨車(35台)が、初めてストックトンとダーリントンの間の約17kmの鉄道の上を走った。時速は約18kmであったという。ストックトンとダーリントンはイギリス北東部の小都市。ただし、この軌道は、蒸気機関車だけでなく、馬でも牽けるものであった。
 この最初の近代的鉄道が運んだものは何か。それは、石炭であった。イングランドのダラム炭田の石炭を海岸の港まで運ぶ交通手段としてこの鉄道が建設された。イギリスの鉄道の発達は、石炭業・鉄工業の発展の結果生み出され、鉄道が急速に広がると、車体やレールを製造する鉄工業と、燃料の石炭が大量に必要となり、さらに石炭業・鉄工業を発展させるという相乗効果を生んだ。

マンチェスター・リヴァプール鉄道

1830年にスティヴンソンが運用を開始した、世界最初の鉄道会社。最大の工業都市マンチェスターと最大の貿易港リヴァプールを結びつけ、鉄道時代の幕を開けた。正しくはリヴァプール・アンド・マンチェスター鉄道。

 綿製品の産地マンチェスターと輸出港リヴァプールを結ぶ鉄道。スティーブンソンが実用化した蒸気機関車による鉄道輸送の最初の営業区間として、1830年の9月に開通した。蒸気機関車のみで牽引する鉄道の世界最初の営業線であった。これを機会にイギリスは「鉄道狂時代」に突入、営業線の総延長は、1848年までに約8000kmを超え、19世紀中頃には全国の主要都市はすべて鉄道によって結ばれることとなった。

Episode 鉄道事故死第1号

 1830年9月15日、リヴァプール・マンチェスター鉄道の開通日。祝賀列車には当時のトップクラスが招待されていた。ナポレオン戦争の英雄ウェリントン、スコットランド・ヤード(ロンドン警視庁)の生みの親ロバート=ピールなどなど。その中に地元リヴァプール出身の代議士ウィリアム=ハスキッソンがいた。彼は地元の期待を受けて鉄道建設に尽力しただけに、晴れがましい顔つきで乗客となった。記念列車が快走し、途中駅パークサイドに到着、蒸気機関車に給水するため停車した。乗客には絶対に車外に出ないように会社からの厳命が出されていたが、お偉いさんたちはそれを無視し、窮屈な車内から線路に降りて愉快に談笑していた。そこにスティヴンソンが製作した最新鋭の機関車ロケット号にひかれた列車が反対側から突進してきた。
(引用)馬車の走るのしか見なれていない一同には、汽車のスピードと力がよくわかっていなかったのだろう。もたもたして逃げ遅れて線路の上に転んだハスキッソン代議士は、機関車―当時はまだブレーク装置も不完全であったから―にひき殺されてしまった。お祝いムードはたちまち恐怖と悲嘆の渦と変じ、著名な来賓の一人が自分の死をもって、新しく輝かしい文明の利器の危険を、天下にはじめて実証してくれたのだった。<小池滋『英国鉄道物語』1979 晶文社 p.21>
 → 鉄道の項の「鉄道開通の政治的意義」を参照
 ハスキッソンの事故を取り上げた小池滋氏は、次のようにも述べている。
(引用)十九世紀の人間が産業科学に対して抱いていた感情は、ちょうど現代のわれわれが原子力に対して抱いているそれと似ていて、あこがれと疑惑、驚異と嫌悪、讃歎と反撥、と言うような相矛盾した反応であり、しかもそれを観念としてではなく、実感と体験から抱かされたのだ。<小池滋『英国鉄道物語』1979 晶文社 p.25>
 ハスキッソンの事故死は人類に対する一つの警鐘でもあった。この文章は1979年に発表されているが、2011年3月11日には、原子力事故が鉄道事故の比較にならぬ被害をもたらすことを再び我々に示した。

初期の鉄道

初期の鉄道
 上の図は初期のイギリスの鉄道を描いている。先頭は蒸気機関車でまだ運転者席がない。続いて石炭車。次が一等客車で屋根付きの4人乗りと6人乗りがあった。その次が二等客車で屋根が無く、後ろに貨物車が付いている。実際のリヴァプール・マンチェスター鉄道では平日一日に7往復、そのうち4往復は急行(途中一駅しか止まらない)一等のみ、3往復が各駅停車で二等のみの編成だった。料金は一等4人乗りが6シリング、同6人乗りと2等屋根付きがは5シリング、2等屋根無しが3シリング。マンチェスターの紡績工場での女工の週休が14~15シリング、見習い少年工の週給6シリングだったから、かなりの高額であった。それでも営業成績は上々で、開通当初の三年間の一日平均乗客は千百人に上り、会社は9.5%という当時としては最高の配当を株主に払うことができた。こうして交通機関としては完全に馬車と運河を上回る運送力と収益を上げることがはっきりしたため、1836年からイギリスでの鉄道建設ブームが始まる。<小池滋『英国鉄道物語』1979 晶文社 p.26-27>
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
10章1節 イ.機械の発明と交通機関改良
書籍案内

小池滋
『英国鉄道物語』新版
2006 晶文社