印刷 | 通常画面に戻る |

ドゥッラーニー朝

1747年、アフガン人が最初に自立したアフガン王国の王朝。1826年まで存続した。

1747年、イランに支配されていたアフガニスタンでアフガン人が初めて自立して建設したアフガン王国の最初の王朝。イランのアフシャール朝のナーディル=シャーが暗殺されたことに乗じて勢力を伸ばしたアフガン人(の中の最有力パシュトゥーン人)は伝統的な部族集会(ロヤ・ジルガ)で、パシュトゥーン人の一部族アブダリ族の族長を指導者と選んだ。そのアフマド=シャーはカンダハールを都として、パシュトゥーン語で「真珠の時代」という意味のドゥッラーニー朝と名乗った。アフマド=シャーは積極的な征服活動に乗りだし、1761年にはインドに侵入し、パーニーパットでマラーター同盟軍を破っている。
 アフガニスタン最大の領土は、北はアム・ダリア流域、南はカラチ(インド洋に面するパキスタンの都市)、東はカシミール地方からデリー近郊、西はイランの中央部マシュハドなどに及んでいた。次のティムール=シャーは都をカーブルに移し、ペシャワール(現在はパキスタン)を冬の都とした。18世紀末になるとドゥッラーニー朝は内紛から衰退が始まり、1826年にはバーラクザーイー家のドートス=ムハンマドが王権を握り、ムハンマドザーイー朝(バーラクザーイー朝とも言う)に交替した。<渡辺光一『アフガニスタン-戦乱の現代史』岩波新書 2003> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章1節 エ.イラン・アフガニスタンの動向