印刷 | 通常画面に戻る |

強制栽培制度

1830年から始まるオランダ領東インドにおける植民地経営方式。

オランダが、その植民地であるオランダ領東インド(現在のインドネシア)で、実施した植民地経営の方式。ジャワ島でのジャワ戦争を鎮圧した、1830年から実施された。現地農民に対しコーヒーサトウキビ、藍などの商品作物を強制的に栽培させ、その利益を収奪しようとしたもので、本国オランダに莫大な冨をもたらした多一方で、ジャワ島の農民の疲弊をもたらした。
 植民地政庁は役人と村の首長に生産を管理させ、量を定めて農民から買い上げたが、農民は地租を支払わなければならず、結局、植民地当局に環流する仕組みだった。生産された作物はヨーロッパ人か華僑の商人が加工し、オランダ商事会社によってすべて輸出に回され、当局の利益となった。1830年に赴任した総督ファン=デン=ボスが実施したとされる貿易の利益を国が独占する重商主義政策の一つといえる。いずれにせよこの強制栽培制度によって、ジャワ島などの農民の自給自足経済は破壊され、世界市場に直結する商品作物の生産を強制されて、米価騰貴や飢饉に苦しめられることとなった。次第に農民の反発が激しくなったため、オランダ当局は1870年にこの制度を廃止した。

強制栽培制度の背景

:1830年のオランダ本国の財政難にあった。この年、フランスで七月革命が起こり、その余波がオランダに波及、オランダ領とされていたベルギー独立運動が起こった。オランダは軍隊を派遣して抑えようとしたが、結局ベルギー独立は認められた。オランダにとってその戦費が財政難をもたらしただけでなく、工業地域であったベルギーの離脱は大きな痛手であった。またオランダ領東インドでも1830年まで激しい反オランダ民族主義の戦いであるジャワ戦争が続いており、その戦費も大きな負担となっていた。それらを補うために植民地に課せられたのが強制栽培制度であった。オランダは植民地農民の犠牲の上に、ようやく産業革命を達成することとなる。