印刷 | 通常画面に戻る |

沿海州

ウスリー川の東側の日本海沿岸一帯。1860年の北京条約でロシア領とされた。

アムール川の支流で北流するウスリー川の東側の日本海に面した一帯である沿海州は、ネルチンスク条約では清の領土とされていたが、1858年の愛琿条約ではロシアと清の両国の共同管理とされた。さらに、アロー戦争後の1860年、清とロシア間の北京条約で、ロシア領とされた。ロシアは沿海州を獲得し、その南端の朝鮮との接点近くにウラジヴォストークを建設、念願の不凍港を獲得し、日本海から東アジア進出の足場とした。ロシアではプリモルスキー地方という。 → ロシアの東アジアへの侵出
 なお、日露戦争の講和条約として1905年に締結されたポーツマス条約では、沿海州とカムチャッカ半島沿岸の漁業権は日本に譲渡された。

Episode 『デルスウ・ウザーラ』

 黒沢明の映画で有名になった『デルスウ・ウザーラ』は、1906年にこの地を探険したロシア人の軍人アルセーエフが、現地のゴリド人の案内役デルスウ・ウザーラとの交流を軸に記録である。主人公デルスウ=ウザーラは極東シベリアの原野、森林に生きる狩人で、文明圏の人間には想像のつかない自然のなかでの生きる知恵をもっている。沿海州の森林を舞台とした探険談であるが、その厳しい自然と、その地を征服しようとするロシア人と現地人との関わりについて、詳しく伝えている。また黒沢明の映画は、監督以外のスタッフ・キャストをロシア人で固めた、スケールの大きな国際的作品であり、その制作エネルギーと圧倒的な自然の映像が見る人を圧倒する。原作はまだしも、黒沢明の映画はDVDでぜひ見てほしい。<アルセーエフ/長谷川四郎訳『デルスウ・ウザーラ』東洋文庫> 
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第13章3節 東アジアの激動
書籍案内

アルセーエフ/長谷川四郎訳
『デルスウ・ウザーラ』
東洋文庫
DVD案内

黒沢明監督
『デルス・ウザーラ』