印刷 | 通常画面に戻る |

革新主義/進歩主義

19世紀末から顕著になったアメリカ合衆国の一つの政治潮流。セオドア=ローズヴェルトは共和党から分離し革新党を結成した。

 1860年代にアメリカの産業革命が進行し、工業化が急速に進む中、共和党政権によって高関税=保護貿易政策に守られ、アメリカの資本主義は自由放任の原理の中で激しい競争を展開した。その結果、19世紀末までに独占資本は高度に集中を遂げ、ロックフェラーカーネギーモーガンなどによる寡頭支配が形成された。それは一方で激しい貧富の格差を生み出し、労働者や農民の疎外感を強めていった。

革新主義の潮流

 19世紀末のアメリカで、そのような現状の打破をめざす運動として起こったのが革新主義(Progressivizm =進歩主義とも言う)の潮流であった。それは全国的な規模で、都市の中産階層を中心にあらゆる階層が加わり、19世紀的な自由放任主義から脱却して、政府の権限を高め、帝国主義段階に入った資本主義社会を国家が強く統制すべきであると主張した。
 具体的には、その政策は反トラスト法などの独占の制限と抑制、労働者の保護、上院の直接選挙(上院議員はそれまで州議会で選出することになっていたが、1913年からは憲法修正17条で、国民が直接選出できるようになった)、税制・関税の改革など多岐にわたり、禁酒法の制定なども含まれていた。また、その主張は民衆の声を代弁するところから、ポピュリズムと言われることもある。

セオドア=ローズヴェルトの革新党

 セオドア=ローズヴェルトは、共和党選出の大統領として二期(1901~1909)つとめ、自ら帝国主義政策を推進していたが、在任中からトラスト規制や労働者保護、所得税・相続税の増税、企業監督の強化などポピュリスト的政策を打ち出しており、資本家層からは不信の目で見られていた。後継者のタフト大統領のもとで保守派が巻き返しを図ると、ローズヴェルトはその支持者とともに共和党を飛びだし、革新党を結成した。
 革新党は「公正な政策」(スクエアーディール)と称して税制改革、大企業の規制強化、婦人投票権・最低賃金制の実現などを綱領に掲げ、1912年の大統領選挙にセオドア=ローズヴェルトを立てた。ローズヴェルトの革新党は、既成二大政党は「腐敗せる特権階級の道具」となり果てている、「腐敗せる実業界と腐敗せる政界との忌わしい同盟の打破こそ今日の政治家の第一の急務である」と宣言した。<ビアード/斉藤眞・有賀貞訳『アメリカ政党史』UP選書 p.130>
 しかし同時に立候補した民主党ウィルソンも革新党と近い政策を掲げ、「大銀行家・大製造家・豪商・鉄道会社や汽船会社の支配者」を「特権権力」として排除することを歌っていた。選挙は共和党が分裂選挙となったのに対して、ウィルソンは民主党の保守的な勢力を抑えて一本化に成功したため、ローズヴェルトの革新党は敗れてしまった。第一次世界大戦中の1916年の大統領選挙では、ローズヴェルトは候補者となることを辞退し、革新党はやむなく共和党候補(ヒューズ)に投票したが、やはりウィルソンの再選を許した。その後、革新党は自然消滅した。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章1節 カ.アメリカ合衆国