印刷 | 通常画面に戻る |

カーゾン

ベンガル分割令を進めたイギリスのインド総督。後にイギリス外相となる。

1899~1904年と1904年末~1905年末までの2度、インド総督となったイギリス人。帝国主義の開幕の時期に当たり、彼はインドを基地にして中東と中国におけるロシア帝国の南下政策を防ぐための広域防衛体制を整えるのが任務であった。そのためインド統治の方策である分割統治を進め、ベンガル分割令を制定したが、それはインド人の反発を呼び覚まし、民族独立運動に火をつけることとなった。

第一次世界大戦時のイギリス外相となる

 カーゾンはインド総督(1898~1905)を務めた後、1908年に上院議員となり、王璽尚書、枢密院議長を歴任した後、外相となった。1920年、第一次世界大戦後、ロシア社会主義政権とポーランド間の戦争が続く中で、カーゾンは休戦ラインを提案した。それをカーゾン線という。実際の休戦はそのラインより東よりで設定されたが、後の第2次世界大戦後のソ連・ポーランドの国境線とされた。 → ポーランド
つまり、カーゾンは世界史上、二つの分割線に関わったわけである。そのうち、インドの「カーゾン線」においては激しい反発を受けて不首尾に終わり、ソ連・ポーランド間の「カーゾン線」は(策定されたときにではないが)対立を止揚する働きをして成功したといえる。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 オ.インドでの民族運動の形成