印刷 | 通常画面に戻る |

英貨排斥

1906年のインド国民会議派のカルカッタ大会で決議された運動方針の四綱領の一つ。

ボイコットとも言う。1906年、カルカッタで開かれた国民会議派の大会で、イギリス政府がベンガル分割令を制定したことに反発して出された四綱領の第一項。外国製品、特にイギリス製の綿布を買うのをやめることが呼びかけられた。イギリスの機械制工場で生産された綿布がインドの綿工業、農村の家内工業を破滅させたことから、まず綿布の不買運動が起こった。同時に植民地政府への非協力をも行われた。代わりい国産品を愛用しようと言うのが、スワデーシの意味であった。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 オ.インドでの民族運動の形成