印刷 | 通常画面に戻る |

ホセ=リサール/リサール

スペイン植民地化のフィリピンで民族独立運動に起ち上がったが、1896年に刑死する。

 ホセ=リサールはフィリピン独立運動の初期の指導者。5代目世代の華僑系メスティーソ(混血)、ドミニコ修道会所有の農園の小作農であったが、教育の機会に恵まれマニラのサント・トマス大学で医学を学び、21歳でスペインに留学した。マドリッドで同じく留学中のフィリピン人と会い、フィリピン人はスペイン人に劣るのではなく、足りないのはただ教育の機会だけだと考えるようになり、同胞を啓蒙して、スペインの従属すから解放することに使命を見出した。

フィリピン民族同盟を結成

 1887年に『ノリ・メ・タンヘレ(私にさわるな)』、91年に『エル・フィリプステリスモ』を出版し、激しくスペインの支配を告発した。92年、マニラに戻り、社会改革を目ざすフィリピン民族同盟(リガ)を結成したが、ただちに総督によって逮捕されミンダナオ島に追放された。96年、かねて志願していたキューバへの軍医としての派遣を許可され、ミンダナオ島を離れた。

フィリピン革命で処刑される

 おりから8月、ボニファシオらが組織した独立派の武装組織「カティプーナン」が蜂起しフィリピン革命が始まると、リサールもその指導者のひとりとして再び逮捕され、簡単な裁判にかけられた。リサールはこの蜂起には直接かかわってはいなかったが、有罪とされ、12月30日に銃殺刑となった。この日は現在、国民的英雄リサールの命日としてフィリピンの祭日となっている。

参考 『ノリ・メ・タンヘレ』

 ホセ=リサールが書いた小説『ノリ・メ・タンヘレ』については、ベネディクト=アンダーソンが『想像の共同体 ナショナリズムの起源と流行』(1983年に発表され、改訂が加えられ、2007年に日本で『定本 想像の共同体』が刊行された)で取り上げられ、よく知られるようになった。
(引用)1887年、「フィリピン・ナショナリズムの父」ホセ・リサールは小説『ノリ・メ・タンヘレ』を著し、この作品は今日、近代フィリピン文学最高の作品とされている。それはまた「インディオ」によって書かれた最初の小説でもあった。<ベネディクト=アンダーソン/白石隆・さや訳『定本 想像の共同体』2007 書籍工房早山 p.52>
 注によれば、「リサールはこの小説を、当時、民族的に多様なユーラシアンと原住民エリートの共通語であった植民者の言語(スペイン語)で書いた。この小説と同じころ、最初の「国民主義的」新聞が、スペイン語ばかりでなく、タガログ語、イロカノ語のような「民族」語でも出版された」という。<同上書 p.52>
 ベネディクト=アンダーソンはこの小説の冒頭部分を引用して、そこに小説の登場人物、小説の読み手に暗黙の単一の共同体、つまり「想像の共同体」が生まれていることを述べている。そこから、「国民共同体」がどのようにし「想像」されていくかを、多角的に論じている。