印刷 | 通常画面に戻る |

パン=トルコ主義

西アジアから中央アジアに及ぶトルコ民族の統合を求める運動。

汎トルコ主義トゥラニズムともいう。オスマン帝国のトルコ人を中心に、カフカスや中央アジアなどロシア領内にまたがるトルコ系民族(トルコ系の言語を有する民族)の民族国家を作ろうという民族運動。トゥラニズムというのは、中央アジアにあったというトルコ人の伝説的な起源の土地トゥーランによる。20世紀のオスマン帝国で青年トルコの指導者として知られるエンヴェル=パシャは、スルタンのアブデュル=ハミト2世の掲げるパン=イスラーム主義(本質的なものではなく、スルタンの権力を飾るために用いられたに過ぎなかったが)に対して、オスマン国家を近代国家に脱皮させるための理念として、パン=オスマン主義を主張した。それは、トルコ人だけではなくギリシア人、ブルガリア人、アラブ人、アルメニア人、ユダヤ人などの多民族国家としてのオスマン国家を新たに統合させる意図であったが、かえってトルコ人以外の民族の反発を受けた。そのためエンヴェル=パシャは一方でオスマン国家の枠を超えたトルコ系民族の統一をめざすようになった。それは特にロシア領内の民族問題に介入することになるので、敵国ロシアに対する攻勢となることを意味していた。
 エンヴェル=パシャは第一次世界大戦でオスマン帝国が敗れた後、中央アジアに入り、パン=トルコ主義運動を実際に展開し、トルコ人国家の建設をめざして反ソヴィエト反乱を続けていたバスマチ運動に加わったが、その地で戦死し、パン=トルコ主義運動も実質的に終わりをつけた。しかし、その後も理念としては運動は継承されており、トルコ系民族の概念をユーラシアに分布する中央アジア起源のアジア系民族=マジャール人、フィン人、モンゴル人、さらにツングース系の朝鮮人や日本人にも拡大して、その統一を主張するものとして継続している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 キ.西アジアの民族運動の立憲運動