印刷 | 通常画面に戻る |

パン=イスラーム主義

西欧諸国の侵出に反撥しイスラーム信仰によるアラブの結束をめざす思想。

 近代のイスラーム世界に起こったイスラーム改革運動の思想的な一面がパン=イスラーム主義である。ヨーロッパのキリスト教諸国であるイギリスを先頭として、西アジアのイスラーム圏を植民地支配する動きが強まって、その対立から東方問題が深刻になった18世紀後半、イスラーム教徒を団結させることによってヨーロッパ勢力に抵抗し、植民地化の危機から脱却することを目指した運動として盛んになった。18世紀初めからオスマン帝国領内でのアラブ民族の民族的覚醒がはじまり、アラブ民族主義運動がおこっていたが、後半になって帝国主義諸国の侵略行為が強まるのを受けて、次第にそれに対する抵抗運動へと転化した。最初の積極的な提唱者はイラン人のアフガーニーで、その思想の影響を受けてエジプトのウラービー運動、イランのタバコ=ボイコット運動などが起こった。また弟子のムハンマド=アブドゥフは、初期のイスラーム教に戻ることで分裂したイスラーム世界の再統合を図るという宗教理念を展開した。パン=イスラーム主義はオスマン帝国ではスルタン権力の再構築に利用されて形骸化するが、エジプトやサウジアラビア、イラン、アフガニスタンなどでは、現代のアラブ原理主義運動に影響を及ぼしていく。

オスマン帝国によるパン=イスラーム主義の利用

 この運動は、西欧帝国主義列強の植民地支配に対する民族主義的な抵抗の理念として大きな力と役割を持つこととなった。20世紀初頭のオスマン帝国のスルタンアブデュル=ハミト2世もパン=イスラーム主義を掲げて帝国内の多民族の結束を図ったが、それは本質的なものではなく、専制政治の維持のためにパン=イスラーム主義を利用したものであった。そのため、1908年に青年トルコ革命がおこると、オスマン帝国では革命が掲げるパン=オスマン主義、さらにパン=トルコ主義によってパン=イスラーム主義は保守的な主張として批判され、事実上、復古主義に形骸化し、民族独立運動から離れてていく。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第14章3節 キ.西アジアの民族運動の立憲運動