印刷 | 通常画面に戻る |

ベラルーシ/白ロシア

スラブ系民族でリトアニア、ロシアに支配され、ロシア革命後にソ連邦を構成した社会主義共和国となる。

 ベロルシア、白ロシア(英語名White Russia)ともいう。ロシアの西隣にあり、東にポーランド、北にラトヴィアとリトアニア、南にウクライナと接する。首都はミンスク。ベラルーシ人は民族的にはロシア人やウクライナ人と同じく東スラヴ人。13世紀からは北方のリトアニア大公国の領土となり、1569年からリトアニア=ポーランド連合王国に属す。ポーランド分割の結果、ロシア領に編入された。その後はロシア帝国の影響下にあった。

ソ連邦の一部となる

 1919年1月、ロシア革命の影響でベラルーシ社会主義共和国が成立、1922年末のソヴィエト社会主義共和国連邦形成に加わった。

国際連合の原加盟国となる

 第二次世界大戦中の1945年4月のサンフランシスコ会議で成立した国際連合には、ウクライナとベラルーシ(当時は白ロシア)はソ連と共に加盟し、原加盟国としてそれぞれ一票を与えられている。
 それは、ヤルタ会談で次のような三首脳の取引があったためであった。まずスターリンは社会主義国の議席を増やすことを狙ってウクライナとベラルーシの加盟を要求した。厳密には主権国家とは言えないこの二国が加盟すればソ連は自動的に3票もつことになるので、アメリカのF=ローズヴェルトは難色を示した。しかしチャーチルはイギリス帝国内の自治領インドを加盟させることでバランスをとろうとした。結局ローズヴェルトも国連安全保障理事会の拒否権問題でソ連の妥協を引き出すためには“多少の犠牲を払っても良い”との判断からスターリンの要求を呑んだ。その結果、ベラルーシ、ウクライナとともに、まだ正式に独立していなかったインド、フィリピン、シリアが参加することになったのだった。

ベラルーシ、ソ連からの分離独立

1991年、ソ連邦の解体に伴い、ベラルーシ共和国として独立、独立国家共同体(CIS)に加盟した。

 旧ソ連邦を構成したベラルーシは、現在ではロシアと同じ東スラヴ系の民族からなる。かつては白ロシアといわれた。首都はミンスク。公用語はベラルーシ語であるが、ロシア語に近く、ロシア語も準公用語とされている。

ソ連からの分離

 1991年、ソ連の解体に伴い、ベラルーシ共和国として独立、独立国家共同体(CIS)に加盟した。
 1994年の大統領選挙で当選した親露・保守派のルカシェンコ大統領は、その後憲法改正に成功して任期を延長、2006年に三選を果たし、長期政権を維持している。その結果、ロシアとの関係が強化され、1999年には両国で「連合国家創設条約」を締結した。連合化は具体的に進んでいないが、アメリカや他のヨーロッパ諸国はルカチェンコ大統領の独裁的な手法を批判し、ロシアとの提携を警戒している。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章1節 カ.ネップとソ連の成立