印刷 | 通常画面に戻る |

ヌイイ条約

第一次世界大戦後のブルガリアと連合国の講和条約。

 1919年11月締結された第一次世界大戦の連合国とブルガリアの講和条約。ヌイイ(ニュイーイとも)はパリ郊外の締結地。
 ブルガリアはエーゲ海北岸のトラキアをギリシアに割譲した。またセルブ=クロアート=スロヴェーン(後のユーゴスラヴィア)にも領土の一部を割譲、ドブルジャはルーマニアに返還した。他に賠償金も規定された。
印 刷
印刷画面へ
ノートの参照
第15章2節 ア.ヴェルサイユ体制とワシントン体制